ベガルタ仙台サポーター向け 山雅サポ説明書

 ベガサポ松本山雅のサポーターに対して、どんなイメージを持っているだろうか?
 ・2009年の天皇杯で浦和を倒して、一気にサポが増えた
 ・松田直樹が入団してから、一気にサポが増えた
 どれも間違いではない。しかし、
 おれが、松本山雅サポに対して持っているイメージは、
 どのチームよりも、サポーターがサッカーを楽しんでいるから、結果としてサポーターが増えて勢いがある。というものだ。
 そんなイメージをもった理由は、UM(Ultras Matsumoto)というサポーター団体の存在である。
 UMは03年から具体的な活動を始めているが、05年から集客を意識した活動を行っている。
当時のUMは
 ・ チラシを作り
 ・ それを駅前で配り
 ・ アナウンスの台本を作り
 ・ マッチデープログラムを製作する
 ・ グッズを売る
 ・ 駐車場の交通整理
 などといった応援以外の活動も行っていた。
 UMは、「金を掛けられないチームが、サポーター主導でいかにお客を集められるか」知恵を絞り、
「一見さんが、楽しいと思える空間を作ること」
を目標の1つとして活動しているのだ。
 Jリーグに上がる前のブランメル仙台(現:ベガルタ仙台)は、決して少額ではない公的資金を注入してまで、リトバルスキーやオッツェといった選手を獲得している。
 「有名な選手が来て」「レベルの高いサッカーをすれば」後からお客はついてくる!!

 そんなフロントの考えが、如実に表れているチームつくりである。
 このようなチームつくりの元で、サポーターは、「有名な選手が来る」「レベルの高いサッカーをする」ことばかりに興味をひいた。

 ここで、UMが支援した松本山雅と、(ベガルタを含めた)Jリーグのチームでは、サポーターの考えが全く違うことに気付くだろう。
ベガサポの場合

 サッカーを「競技」として考えている

 スタジアムを満員にしたい
→少しでも上位になれば、観客はついてくる
→テレビで観る欧州みたいな雰囲気にすれば、選手もスタンドも盛り上がる。
→有名な選手が来る。よりレベルの高いサッカーを観られる。
→とにかく頑張って応援することで欧州の雰囲気に近づける
→その邪魔をする者は遠ざける
→選手と感情を共有できる最高のスタジアムの完成
 一見すると非の打ちどころがない、いいことではある。
 しかし、違う考えを持ってサッカーを観ているサポーターと意見が合わせるつもりがない(それが、選手のためだと勘違いしている)ため、
 
 ホーム自由席に排他的要素があり、一見さんは入りづらいのだ。
 観客がサッカーを楽しみづらいスタジアムに最高は有り得ない!!
 しかし、サポーターが、これ以上ないくらい選手に感情移入して、欧州のような応援をした場合、優勝したときには一番達成感がある方法である。

 選手の役に立ったと自認(≒うぬぼれ)する。
 しかし、残念ながら、サッカー界でずっと勝ち続けることは不可能だ

これらの状況を知っている松本山雅サポの場合

 サッカーを「興業」として考えている
 
 スタジアムを満員にしたい
→初心者が応援するためのハードルを低くする
→とにかく楽しい雰囲気で応援する
→選手と感情を共有するのではなく、まず一体感を大切にする
 (自分の意見を押し付けない。押し付けたらホーム自由席に排他的要素ができるため)
→観客席がひとつになる最高のスタジアムの完成
要約すると、
 普通(ベガルタ)のサポーターは、
 勝利することで客を集める(競技)
と考えている

 山雅サポーターは、
 
 試合内容はどうであろうと、サッカーを楽しんでもらおう(興業)
と考えている

 その違いは、アルウィンに1度足を運べばよく分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です