ハードなGW3連戦に向けて

世間一般的は、今週末からGWに突入する。
(最も、おれは6月半ばまで出張仕事だが)
そんな中、JFLは1週間で3試合をこなすハードな日程となる。
昨年も同様の日程だったが、浦安は3連勝を上げた。しかし、今年は簡単に行かないだろう。
まず、昨年は ホーム →アウェイ→ホーム だったが、
   今年は アウェイ→ホーム→アウェイ
今年の日程を考えると、最悪なのはホームで負けること
となると、天皇杯1回戦突破の肉体的&精神的疲労を考慮して、次節は「これ以上できないくらいのターンオーバー」をするのも一考だろう。
ターンオーバーで出場する選手が、高井青のように「傍から見てもやる気十分」なプレーを魅せてくれれば、本当にうれしい(しかも、おれが好きなチームのホームスタジアムで)。
あと、次節はノーベル文学賞作家候補(と一部の浦安ファンが呼んでいる)が相手のベンチにいる。
IMG_3322.JPG
ただ、今年の明治安田生命J1リーグ甲府vs新潟のようなこともある。
【甲府の吉田監督は、昨年途中まで新潟の監督だった。この試合は新潟が、コーナーキックから2点も決めて、2-0で新潟が勝利】
それでも、相手は、間違いなく強い。ピッチ状態もいい(昨年は、ベストピッチ賞を獲得)。
試合に出る選手は、思う存分長所を出し切ってほしい。
その後は中3日で、市原臨海でホームゲーム。
ここでは、勝ち点を取っておきたい。いい加減、ホームゲームでラインダンスをやってほしい。
さらに中3日で、ロングアウェイ。都並敏史テクニカルディレクターにとっては、最もライバル意識のある監督が相手。名勝負が観られるだろう。
この1週間は特に大事。今後を考えると、都田での試合はベストメンバーでなくても全く問題ないので、6月21日に向けて完成度を上げてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です