サッカーにおけるチャンスとピンチは、コインの裏表だ

 このタイトルは、ラモス瑠偉の名言である。
 まさにそんな試合だったのが、23日(土)に赤羽スポーツの森公園競技場(赤スポ)で行われた、
IMG_1166.JPG
FC KOREA vs ブリオベッカ浦安 である。
IMG_1167.JPG
 先日、「右サイドの支配者」と書いた田中貴大は、停止明けとなったこの試合で左サイドバックに回った。右サイドバックは前節に続いて山崎紘吉が入った。
 前半立ち上がり、浦安は決定機を作らせなかったが、作ることもできなかった。
 このまま前半は、お互いにチャンスらしいチャンスも無く、ロスタイムは1秒も取らず。はっきり言って、この45分は見どころがほとんどなかった。
 でも、面白いこともあった。

 赤スポは、観客席とピッチが近く、臨場感がある。おれは、最前列の1番右側(芝生と客席の間)で観戦していたが、ミスターサイトー(監督)の声が、いつも以上によく聞こえる。
 
 表情やリアクションもよく見えて、監督の心境が手に取るようにわかる。
 この日もベンチ入りした、都並テクニカルディレクターは、ほとんど静観していた。
 (浦安声だしファンの くだらない雑談が聞こえていなければいいのだが…)
 
 後半になると戦況は一変する。
 浦安がゲームを支配し始めた。
 
 FC KOREAのペナルティエリアにどんどん侵入する。決定機も作る。
しかし、齋藤監督が、頭を抱えたり、後ろにのけぞったりするのみ。(こんなシーンは少なくとも3回はあった)
 浦安はゴールを割ることができない。
 対するFC KOREAは、浦安よりも早め早めの選手交代を行う。
それは、「攻撃的」な交代であった。
 特に、ウィングに入った選手のスピードは驚異的であった。
 昨年のFC大阪や奈良でも、ここまで縦のスピードが速い選手はいなかった。
 後半40分を過ぎても、まだスコアは動かない。
 浦安は、これ以上首位との勝ち点差を離されたくないため、さらに前ががりになった。
 
 後半ロスタイム突入直前、FC KOREAのカウンターが発動する。
 ウィングに入った選手が独走し、低く速いクロスを送る。
 KOREAのシュートを1度は防ぐも、混戦の中から、ゴールを割られてしまった。


 痛恨の先制点献上。
 3分のロスタイムではスコアは動かず、1-0でFC KOREA が勝利。
IMG_1175.JPG
IMG_1176.JPG
 結果、浦安と首位VONDS市原との勝ち点差は 2→5 に開いてしまった。

 試合後、KOREA側はお祭り騒ぎ。劇的な勝利を収めたので、気持ちはよく分かる。
 対する浦安側。明らかに空気が重い。いつも明るいチームが、ウソのように静かだ。
 前節は担架に乗せられ負傷退場したのに、先発出場した上松選手。
 ファンへのあいさつが終わった後、1人きりで、しばらくベンチに座っている姿が妙に印象的だった………
 次節「江戸川クラシコ」については、また今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です