浦安ファン 食いしん坊伝説の一部

この記事は、ブリオベッカ浦安で声出し応援をする(していた)ファンのスタジアムグルメにおける奇行(!?)の一部を取り上げている。コメントをもらえれば、加筆修正する予定だ。
【殿堂入り】
ホームゲームで最下位に負けた後、笑顔で選手を励ます(ホットドッグを頬張りながら)
【ジャマイカキッチン・オルハ関連】
ファンが親知らずを抜歯したツイートをした。
数日後のスタグルで、特別メニューの雑炊が用意されていた
学生に対して、ツケ払いが認められたことがある
ジャークチキンサンドを食べた後、ジャークチキンを食べる
【少しおかしいこと】
神宮球場での食事は「軽く」と言っておきながら
ラーメンとウィンナー盛りを食す
オープン戦のチケットをワンコインで入手したのに、
東京ドームで1,500円の弁当を買う
浦安と関係ない試合なのに、
鈴鹿アンリミテッドのスタグルを、2年連続1番乗りで購入する(どちらも1人で2000円以上購入)
インドネシア料理のバリ食堂で、おかわりする
フクアリでソフトクリームが売り切れていたため、
代わりにカレーライスを購入
800円のチケットで、他チームの試合会場に行きスタグルを満喫。
そして、選手アップ前に引き上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です