簡潔なブリオベッカ浦安アウォーズ(平成29年)

賞金や景品はないです…
コメントも少な目ですが、個人的な表彰に移ります。
最優秀選手
舞田べか彦
今年の「べか彦の活躍」とチーム成績を考えたら、当然の結果。
ブリオベッカのホームゲームでは、公式マッチデープロブラムが来場客に配られる。その中では、


「舞田べか彦」が背番号12になっている。本来はサポーターの番号なので、このような掲載をすると「声出しサポ」が怒っても仕方ない。でも、そんな意見は一切なかった。
それくらい「舞田べか彦」の活躍は、本当に素晴らしかった。
来年は来場客が増加するので、べか彦への期待値は高まるだろう。
試合内容が最悪でも、観客が暴動を起こすことはないだろうが、
最悪の例1.一体感を感じた。けど…(感情を抑えて書いています)
最悪の例2.きょうはまいだべかひこくんにあえました(感情を抑えて書いています)
べか彦が欠席したら、暴動が起きるかもしれない。来年も活躍を期待。
実際にプレーをする選手の中からは、富塚隼に一票。
来年は3バックか4バックか分からないが、是非MFで。ゴールに絡む活躍を見れたらもっと嬉しい。個人的には、背番号10を背負ってほしい。
ベストゲーム
セカンドステージ第3節vsFC大阪(柏の葉)
90分間、戦い続けるサッカーを体現してくれた。
試合終了直後の歓喜は忘れません。
ベストヤングプレーヤー(23才以下)
該当なし
最優秀ゴール
ファーストステージ第9節vs東京武蔵野(フクアリ) 丸山晃生
どうしようもない試合内容から、あの同点ゴールを決めたのは見事。アシストした菊島もよかった。真っ暗闇の中で、ほんの少し光明が差した瞬間だった。
以上
…JFL理事会は、12月6日に開催です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です