全社出場が消えた。でも、悔しくない。

こういう時は、現地観戦したことがある好ゲームの思い出に浸りましょう。



今日のブリオベッカ浦安は、全国社会人サッカー選手権大会 関東予選で東京国際大学FC(セカンドチーム)と対戦。
DSC00012.JPG
守備から攻撃へ転じたとき、選手間の距離が悪く、よい展開になることが少なかった。
東京国際大学FCの攻撃は、FW中島大智の出来が素晴らしかった。間違いなく、この試合のマンオブザマッチ(何で、セカンドチームにいるのかずっと疑問だ)。
中島大智がいい形でボールを受けたとき、浦安は対応が後手に回る。
結果として、前半終了間際に失点。
後半に入ると、同点に追いついた。
なのに、勝負どころで勝ち越しを許し、
ショックを引きずる間に追加点を取られる。(←別名:浦安の恒例行事)
2点目をあげ、1点差に迫ったものの、連携が噛み合わない場面が多かった。
結果、2-3でブリオベッカ浦安は敗北。


今シーズンでJFLへ復帰するには、関東サッカーリーグ優勝が必須条件となった。
※リーグ戦は6試合消化で勝ち点9.残り12試合
 首位チームは6試合消化で勝ち点18
チームとしては、全国制覇してJFLへの復帰を目標に掲げているが、
参考:新年のご挨拶(チーム公式HP)
状況は極めて厳しくなった。
しかし、悔しい感情が湧かない。
今日の内容は、敗戦が妥当ということもある。それ以上に、一昨年終盤~今年開幕までのチームを見ていれば、こうなることは予想できた。
「現状認識」ができなかったことに尽きる(昨年11月中旬にアップ。一昨年~昨年前期の監督は、現GM兼U-18監督)
関東サッカーリーグ1部 チーム紹介(3月下旬にアップ。優勝オッズの根拠は、最後に掲載)
昨年11月のブログに書いたとおり、
球団首脳の言動を聞いていると、 楽しいサッカーだから、失点しても仕方ない と考えているように見える。


主力選手が数年前と比べて、運動量の低下が目立ったり、守備の1vs1で負けることは、仕方ない。
個人的には、ボール捌きが上手い選手よりも、球際に強くメンタルが強い選手を応援したい。(そんな選手は、ほんのわずかだけど)
ここまでは、チームの現状について書いた。来週からはリーグ戦が再開される。
前半戦は残り3試合。対戦相手は、東京ユナイテッド・つくばFC・栃木ウーヴァ。
最初にあたる東京ユナイテッドだけ、浦安より順位が下。しかし、アウェイゲームかつ、守備の要 笠松亮太が出場停止。
残り2試合の難しさは、語るまでもない。
厳しい戦いが続くが、昇格するために3連勝は必須。
もし、1勝もできないのであれば、関東1部の残留争いに本格参戦となるだろう。
※ 応援する様子も書きたかったが、今日は省略。なので、VONDSサポさんのツイートを拝借。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です