こんなチーム、他にはない

タイトルには、いろいろな意味を込めた。
ブリオベッカは4日前のアウェイ vsMIOびわこ滋賀 で、後半(ほぼ)ラストプレー「まさか」の勝ち越しゴールが決まり、浦安へ帰ってきた。
劇的な勝利の余韻も残る中、柏の葉で迎え撃つ相手はヴェルスパ大分
名古屋で活躍した杉本恵太が在籍しているが、浦安と因縁のあるメンバーも多い。
昨年、浦安とリーグ戦で激闘を繰り広げたVONDS市原に在籍していた選手が2人。坂本和哉と中島康平だ。
8月の天王山で、坂本はキャプテンで中島は1トップだったが、
結果は、浦安の圧勝
参考・これぞ天王山 VONDS市原vsブリオベッカ浦安
さらに、監督は佐野達だ。昨年の地域決勝でサウルコス福井を率い、涙をのんだ。
これらの選手、監督が「vs浦安」に向けて気合いが入ることは容易に想像できる。
先週の奈良クラブ戦ほどではないが強風の吹く中、開門となった。
カラーのマッチデ―プログラムを受け取る。

DSCN3902.JPG
拡大↓
DSCN3904.JPG
酷い誤植だ。昨年のスタッフではないか!
ちょっと油断すると、すぐに誤植するクラブだ。
それでも、試合前にはコズミッククラブという柏ご当地のアイドルグループがスタジアムDJの手伝いをして客席は盛り上がる。
通常よりも観客が少なく、スタンドは閑古鳥が鳴りっぱなし。なんてことはなく、この日も345人の観客に来ていただけた。
ただ、鳥の来場も多く、いつもより賑やかな試合前だった。
そんなこんなで、選手が入場してきた。前節のヒーロー相馬将夏は、左サイドハーフでスタメンに抜擢。それ以外には、矢部がスタメンに復帰。
試合が始まる。コイントスで勝った浦安は、風下に向かって攻める。
立ち上がりは、ややヴェルスパが押していた。浦安は、FWがボールを保持しても、後ろからの押し上げが弱い。
この流れのまま、ヴェルスパが先制点をあげる。
右サイドからのクロスに反応したのは、昨年VONDSにいた中島だ。ダイレクトボレーが炸裂。
決まった瞬間、「すげぇ」と呟いてしまった。
この後不思議だったのは、観客席に「悲壮感」が全くなかったことである。
楽観的なだけなのか?マイナス思考にならないよう努めたのか?
もちろん、他の観客の気持ちなんて分からない。
応援ゾーンから50m離れたところで観戦していた子どもたちからは、散発的に「ブリオベッカ」コールが起こる。その気持ちは凄く嬉しいが、これだけ離れていると、コールを合わせづらい。応援ゾーンをもう少し近づけることはできないのか?
ピッチの中は、特に大きな動きがなく前半終了。
ハーフタイムはコズミッククラブのライブで盛り上がる。
次は、コズミッククラブ公認のカレーをスタグルに出してほしい。
後半立ち上がり、ミスターサイトーが動く。2列目では良さが出せなかった相馬に代わり、守備も上手い富塚を投入。
後半も立ち上がりは五分五分だったが、ヴェルスパの決定機は格段に少なくなる。浦安はパス回しが機能し始める。
すると、浦安はフリーキックのチャンスを得て、混戦から
竹中がヘディングでゴールを決める。6試合連発
全国リーグで6試合連発とは…竹中自身もチームも、さらに上を目指すために、もっと数字を残してほしい。
ここで、ヴェルスパは杉本恵太を投入(この交代は、後で公式記録を観てから初めて気が付いた。それくらい、印象に残るプレーがなかった)
さらに攻撃の圧力を強める浦安。
右サイドの敵陣深くで、フリーキックを得る。
攻撃時のセットプレーでは珍しく、北埜コーチがテクニカルエリアに出てきた。
ボールの近くには村田と竹中がいる。ここは、村田が蹴って誰かに合わせてくるだろうと思った。
だが、村田はボールをスルー。竹中が思い切り蹴ったボールは、ファーをぶち抜いて、直接ゴールに吸い込まれた。
…味方なのに、恐れ入った。というより、ベンチにも騙された。
この勝ち越しゴールで、スタジアム中が浮ついた雰囲気になる。
その直後、ヴェルスパがPKを獲得。ドリブルで切れ込んだ選手へのスライディングが足に入った。(今にして思えば、このシーンはノーファールが大前提…おれもうっかりしていた)
このPKが決まり、また同点。今日も、勝利の神様は気まぐれだ。
ここで浦安は2枚目の交代。坂谷アウト、田宮イン。さらに縦へのスピードが上がる。
その直後、左サイドからのクロスを、竹中がヘッドで押し込む。
押し込んだ瞬間、副審の旗は上がっていたが、客席で気づいた人はあまりいない。スタジアムDJも「ゴーール!」と絶叫していた(苦笑)。
客席は浮ついた空気のままだったが、ピッチにいる浦安の選手は冷静だった。
サイドを崩すのか、縦1本のパスで崩すのか。ワンプレー・ワンプレーで、選手間の意思統一ができつつあった。
試合終盤に最後の交代。(既にイエローを貰っていた)竹中に代わり、(明海大卒)中村光春を投入。
中村は、U-18との練習試合で4得点をあげ、ベンチ入りを果たしていた。
縦への推進力がさらに上がり、客席から「イエス! イエス! イエス!」のコールが響く。
2試合連続で劇的勝利への期待が高まる中、後半ロスタイムに突入。
矢部からのスルーパスを受けた中村が、ドリブルで右サイドを疾走する。
余裕を持って上げられたクロスは、ニアサイドでマークされていた俊哉様 には合わない。
ボールの先にいたのは、
走りこんでいた田宮だ。
手ではなくドンピシャヘッドでゴールネットを揺らす。
副審の旗は上がらない。センターラインに向かって走り出すのみ。
2試合連続で劇的ゴール!
客席のあちらこちらで、歓喜の輪が広がる。もちろん、ピッチ内も。
このまま試合終了。
完勝ではないが、「興行」「娯楽」としては100点満点の試合だ。
ヒーローインタビューやコズミッククラブのアンコールライブ、選手によるお見送り
いずれも大盛況だった。
2失点は反省材料だが、「今日だけは」勝利の余韻に浸りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です