「とりあえず」1次ラウンド突破

 ブリオベッカ浦安が、2年連続で全国地域サッカーリーグ決勝大会(以下、地域決勝)に出場している。
 昨日の vsバンディオンセ加古川 の勝利をもって、1次ラウンドを突破した。
IMG_0701.JPG
中津総合運動場
IMG_0702.JPG
選手入場時
IMG_0703.JPG
清水康也の同点ゴール(PK)
IMG_0708.JPG
サポーターの元に向かう選手・スタッフ
 1か月前の全社で、関東サッカーリーグのチーム(東京23FC、VONDS市原)は、関西サッカーリーグに苦汁を飲まされ続けたが、一矢報いることができた。加古川にとっては痛恨の敗戦。
 通常であれば試合後に、浦安のファンは相手のチームコールを行うが、さすがに今回は自粛した。
 一方の浦安は
 試合が終わっても、選手やスタッフに笑顔はほとんど見られなかった。
 頭の中は、決勝ラウンドに切り替わっているのだろう。
 初戦の相手はサウルコス福井だ。これまで地域決勝には何回も出場しており、「2009年地獄の北信越リーグ(パルセイロ、ツエーゲン、松本山雅etc)」を経験しているチームだ。地力は間違いなくある。
 (イビチャ・オシムなら、初戦を捨てるかもしれないが)今の浦安には、短期決戦で1番大事な勢いがある。初戦が楽しみだ。
 今回のブログは ・(使命感を漂わせながら)応援していた時間が比較的長かった
    
         ・日帰りで大分県中津市まで観戦したこと
 
   以上の2点により、内容の薄い日記となった。ご了承いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です