ブリオベッカ浦安 チャント集

チャント(応援歌)集を作る気は、全くありません

ざるそば屋さんに例えると、

そば粉の原産地とか、粉の配合(つなぎが何割とか)、加水の比率を説明する前に

おいしい食べ方を知らせた方がいいと考えているからです。

当たり前ですが、そばをおいしく食べるのに、作り方を知る必要はありません。

しかし、そばつゆの付け方とか、薬味の加え方は、知っていた方がおいしく食べられます。

 

そばの食べ方ではなく、ブリオベッカのサッカー観戦を楽しくする方法を一言で説明するのは難しいです。

私としては、負けてもサッカー観戦を楽しもうとする気持ちが大切だと思います。

惜しいシュートを打ったときは、ため息や野次よりもウー!という高音や拍手で選手を鼓舞しましょう。

ヨーロッパCLや明治安田生命J1リーグではなく、高校サッカーを見に来たような感覚を持ってほしいです。

 
 

チャント(応援歌)のことを書くつもりはないですが、

とあるチャントを採用したときの話を1つ紹介します。登場人物は2人です。

仙台市の泉区に本拠を置くJリーグチームのファン

仙台市山形区に本拠を置くJリーグチームのファン

 

2019年6月下旬の試合前のことでした。

:「〇〇さん、やってみたいチャントがあるんですけど…」

:「ブルーノメンデス(当時 C大阪に所属)のチャントかな?」

:「やっぱり分かりますか(笑)」

:「それじゃあ、試合前から試しにやってみよう」

という流れで、ブルーノメンデスの亜流チャントを即日採用しました。

この流れを見てもらえばわかりますが、チャントは即採用することが多いです。多少歌詞を間違っていたとしても、誰も気にしません。先ほどの繰り返しになりますが、チャントの内容よりも、(他人に迷惑を掛けず)楽しみながら観戦する気持ちが大切です。